現場の雰囲気が一変する

住宅やビル建設の作業現場では、現場シートがかけて建物をガードしています。無機質でシンプルなシートが一般的ですが、最近ではそのシートにデザイン性のあるシートを使うケースが増えてきています。全面ではなく、一部を変えたり、加えたりするだけでも現場の雰囲気がガラリと変わると評判です。建築資材や土のう袋が乱雑に積まれていると重苦しい雰囲気になりがちですが、さわやかな現場シートでガードすればそうした工事現場に対するイメージも変化するでしょう。

宣伝効果バツグン

工事現場は人目を引きます。とくに繁華街での工事や、ビル建設であれば、大勢の通行人から見られることになるのです。普通の現場シートだけであれば、ただの工事現場としか認識されないでしょう。しかし、そのシートを看板代わりに使用すれば、大きな宣伝効果を得ることが可能です。工事期間だけの期間限定とはなりますが、街に看板を設置することを同じ意味を持つといえます。そんな貴重な機会を損失するようなことはしないで有効活用していきたいものです。

新着情報

オリジナル現場シートのチェックポイント

丈夫さ

外で使用するため、丈夫に使える生地と、高品質な印刷技術が求められます。紫外線や雨風などの影響を受けにくいものかを確かめましょう。

コスト

経済的に買うことができるかどうかも重要な点です。経費節約に貢献できるような業者を口コミなどでリサーチするといいでしょう。キャンペーンなどを利用するのも手です。

デザイン

イメージを大切にしながらデザインを考案したり選択したりしましょう。また、印刷する前には、社名や電話番号など記載ししているデータに間違いがないかをしっかりとチェックします。

オシャレな現場シートを使ってイメージを一新!

作業員

PRしよう

街に自社の看板広告を設置する企業も多いです。しかし設置には費用がかかります。都市部の駅前や交通量が多い場所であればその費用も高額になります。しかし、設置費用をかけずに宣伝効果を期待できるケースもあります。それが、現場シートを有効活用することです。工事現場には欠かせない現場シートに企業名やロゴなどを印刷すれば、立派な看板代わりとなります。特別な設置費用もかかりませんし、コストをかけることなく宣伝できるお得な手段だといえます。

環境改善効果

工事現場の近隣住民の中には、工事に対して快く思っていない人もいるでしょう。騒音やホコリや、景観が損なわれるといった問題があるためです。そうした問題をやわらげる意味でも現場シートは重要です。シートをかけることによって、工事中に発生するトラブルや問題を軽減する効果が期待できます。最近ではデザイン性の高い現場シートの人気が高く、見た目もキレイと評判です。インターネットからも簡単に注文できるため、気軽にすぐに購入することが可能です。現場の雰囲気にピッタリのオシャレなデザインシートを発注して、より良い環境づくりを進めていくようにしたいものです。

[PR]

広告募集中