知って得する現場シートの活用術を大公開!

知って得する現場シートの活用術を大公開!

建設現場

垂れ幕のような使い方

現場シートは、建設現場の足場にかけられることが多いシートのことを指します。周囲に迷惑がかからないように配慮したり、建設中の建物を養生したりする目的で使用されることがほとんどです。ちょうど人の視線に入ることになりますので、シートの一部分を垂れ幕のように使用して、看板代わりに有効利用する企業が増加しています。

営業中を知らせる

看板代わりにちょうど良い現場シートを設置するときには、建物の高さによって、位置を調整することが必要になります。ちょうど人の視線を集める位置に効果的に配置しましょう。とくに、店舗の改装工事やリフォーム中のときには「営業中」という現場シートをかけるケースが多いです。全面を普通の現場シートで囲んでしまうと、店を閉めて工事をしているように見えてしまいます。しかし、「営業中」のシートを設置することによって、営業をしていることを顧客にアピールできます。遠くから見ても目立つように配置することがポイントです。

癒やしを与える

植物や赤ちゃん、猫、犬というモチーフが描かれた現場シートが支持されています。美しいものや可愛いものは、ついつい誰でも目が向いてしまうものです。工事現場のハードなイメージをやわらげることもできるでしょう。癒やし効果もあって、現場の周辺を歩く人の心は自然となごむはずです。工事を施行している業者に対してのイメージも良くなることが期待できます。現場シートに描くモチーフを探すときには、そうした効果が狙えるようなものを選定していくといいでしょう。

広告募集中