水の被害を最小限に留めるために便利な土のう袋をセレクト

水の被害を最小限に留めるために便利な土のう袋をセレクト

土のう

利便性が高い

土木関連作業や遮蔽物として利用されることが多い土のう袋は、水害対策としてもさまざまな現場で使われています。土砂の流入や浸水を防ぐ効果が高く、またコストも安価なので備蓄する企業が増えています。

立地に注意

オフィスや店舗の立地条件によっては、水害に遭いやすくなります。海や川など水場の近くに構える場合は、建物の一階や地下にある場合はとくに注意が必要です。最近では異常気象などが原因で、ゲリラ豪雨などの水害が頻発しています。短時間に一気に雨が降るため、スピーディーに対応することが肝心です。

迅速に扱える

最新式の土のう袋は、わずか数分で使えるようになります。従来の土のう袋は、土砂を袋に詰めて使用するため時間も手間もかかりました。しかし新しいタイプは、吸水ポリマーを使っていますので、使用前に水に浸すだけで膨らみ、土のう袋として使えるようになります。スピーディーに利用できる点が魅力です。

広告募集中